あのSBJ銀行について

SBJ銀行と日韓関係

日本と韓国の関係は古くから長い歴史があります。良い内容もたくさんありますが、島根県にある竹島をめぐる領土問題、慰安婦を始めとする人権問題など、一言で済ますことができない複雑な問題が山積みになっています。そして、これら日韓関係のニュースは毎日のように飛び交っているので意識していなくても耳に入ってきます。

良いニュースなら良いですが、悪いニュースの場合それが韓国に対するイメージと化してしまうこともあり、日本人が韓国人に対して偏見を持つようになってしまったり、反対に韓国人が日本人に対して反日感情を抱くようになってしまうことに繋がります。SBJ銀行も、韓国の銀行であることからあまり良い印象を持たれないことや反日デモなどの影響で信頼感が薄れてしまう、という影響を受けています。

銀行としての機能は他の銀行と変わらず、サービスの質も良いのにそういったイメージだけで判断してしまうのはもったいないのですが、現実はなかなか難しいのです。過去の歴史があるかぎり、日韓の関係はそう簡単に良くはならないかもしれませんが、日本には日本の、韓国には韓国の素晴らしい文化があり、それをお互いに学び共有しあうようになれば、よりお互いの国が良い方向へと進んでいけるともいます。

韓流ブームを過去のものとせず、あの時のような国際関係が今後も続くように少しずつ歩み寄っていけると良いですね。SBJ銀行は日本と韓国をつなぐ橋渡しの銀行でもあります。SBJ銀行をきっかけに韓国に対して今以上に関心が高まるかもしれませんし、今抱いている想いがかわるかもしれません。もしSBJ銀行に興味のある方は、ぜひホームページをのぞいてみてください。