地方銀行

地方銀行の持つメリット

地方銀行のメリットは、まず一つ目に、その地域に支店や利用可能なATMが多く存在しているということが挙げられます。支店が近くにあると寄りたい時にすぐ利用することができるし、預貯金やローン・資産運用についてなどちょっとした困り事も気軽に相談することができます。

また、病院やスーパーなど普段利用している施設には大体の場所にATMが設置されていますが、その地域の地方銀行はほとんど利用が可能です。入院中や買い物中にお金が必要になったときはもちろん、近くに立ち寄った際にもついでに用事を済ませることができるのでとても便利です。もし、地方銀行のATMが無く、都市銀行や信用金庫など他の金融機関のATMしか設置されていなかったとしても、それらのATMと提携している場合があり地方銀行のキャッシュカードを使うことができます。

もちろん地方銀行同士でも提携している場合が多いので、○○地方銀行のATMで△△地方銀行のカードを使ってお金を引き出す、というようにわざわざ銀行まで行く必要の無い時は上手に利用すると良いでしょう。二つ目のメリットは、地域との関わり合いを大切にしていることです。よく利用する銀行の窓口の職員さんが話しかけてきてくれたり、定期的に地域の特産品が当たるキャンペーンを行うなどアットホームな雰囲気があります。

銀行は堅苦しい印象になりがちですが、地方銀行はその地域ならではの人柄を感じることができる場所でもあります。近年はネット銀行と呼ばれるインターネットを利用して簡単に取り引きを行うことができる銀行も増えていますが、やはり窓口で顔と顔を合わせながら手続きを行う方が安心感がありますよね。今住んでいる地域から出ることが少ないという人は地方銀行が大変便利です。